読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できる範囲でX230の性能を上げる

自宅のデスクトップとしてThinkad X230を運用する話しの続きです。

hasechon.hatenablog.jp

目次

現状の確認

購入した中古のX230はこんなスペックでした。

  • CPU:Core i5 3230M 2.6GHz
  • メモリ:4GB
  • HDD:500GB
  • ディスプレイの解像度:FWXGA(1366x768)

解像度の低さは外部ディスプレイを使い解決しました。 あと気軽に手をつけられるのは、メモリの容量アップとSSD化くらいでしょうか。

お金をかけなるつもりは無いので、手元にあるX201sから使えそうなものを部品取りしました。

SSDへ換装

X201sのSSDを取り出しX230に使います。 特に難しいことはありません。 ねじを緩めてHDDをSSDに交換します。

X201sは2mmのスペーサを使い7mmのSSDを9mmの厚さにして使いましたが、X230はこのスペーサが不要です。

SSDってもうこんなに安くなってたんですね。 買いませんでしたが。

メモリの増設

X201sに乗せていた8Gのメモリを流用します。

メモリの交換も特に難しくありません。 ねじを緩めて蓋をあけ、差し替えるだけです。

メモリの互換の話しがありますが、いろいろ読んでもよくわかりません。 あるいは性能低下などあるかもしれませんが、ちゃんと8Gと認識しているので良しとします。 半分も使ってないのでこれで十分でしょう。

まとめ

たまに遅く感じることもあります。 しかしネットサーフィンくらいしかしません。 これで満足することにします。